« 揺れ | トップページ | 祝☆10本目 »

2011年2月25日 (金)

図書館貸し出し「待った」

リンク: 図書館貸し出し「待った」 作家の樋口さんが自著で要望 - MSN産経ニュース.

あ。。。お気持ち、お察し申し上げますsweat01

図書館をフル活用させていただいている身としては、申し訳ないsign01すみませんsign03感謝あるのみでございます。

|
|

« 揺れ | トップページ | 祝☆10本目 »

コメント

こんにちは。
 樋口さんの主張はもっともでしょうね。「図書館の貸し出しを半年間猶予」することで、作家さんはずいぶん救われると思います。
 人気本だと、図書館は何冊も仕入れて貸し出すと聞いたことがありますから、これでは著者はたまったものではないでしょう。
 ただ、ぼくは図書館の貸し出し猶予期間は、設けなくてもいいと思っています。図書館のある自治体が、貸し出し回数に応じて「印税」と同等の対価を支払えばいいだけのことですから。
 国民の「知」を得る機会と、著者の権利(生活)を守る。これが公立図書館の存在意義だと思っています。

投稿: M.stream | 2011年2月26日 (土) 04時33分

私もこの記事は気になりました。
ただ都会の大きな図書館と違って、地方の場合は人気の新しい本がすぐに入ってくるとは限らないんですよね。
予算の関係で、必然的に猶予期間ができてしまう…。
だから私は「置き場所がなくなる」との夫のブーイングも聞き流して、買ってしまいます(笑)。

投稿: cosmos | 2011年2月26日 (土) 09時44分

M.streamさんへ

いろいろな問題が見えてきますよね、いろんな方面から。M.streamさんのような意見やほかの方の意見を聞いて検討する場ってあるのかしら、とふと思いました。
今は作家さん以外にもCD出す歌手の方やら、映画だって一年足らずでテレビで観られる時代ですから、受けて側はありがたく思いますが、作り手の方は大変な時代なのかもしれません。


cosmosさんへ

やはり一概には言えない話だと、cosmosさんのコメントを読んで感じました。
必然的な猶予期間といえば、こちらの図書館でもあり得ます。人気本はものすごい予約人数で、待ちきれなくなって買ってしまう人もいるはず。読めるまで半年近くかかったりしますから。
辛抱強い私(笑)は「置き場所がない」から(お金がないから? 笑)200人でも300人でも待ってます。やっと100番台になった予約本が5冊ほどあります。作家さん、辛抱強くてごめんなさい。

投稿: ulu | 2011年2月26日 (土) 21時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 揺れ | トップページ | 祝☆10本目 »